婚活で悩む男性がモテる男から学ぶ特徴とポイント

自分に自信を持つ


モテる男って自分に自信がある人がほとんど。

自分では「そんな事ないですよ!」って言ってても、自分がモテるってことは分かっている。

だからこそ、自信が中からみなぎっている。

と言うことは、余計にモテる街道まっしぐら!なんですよね。

 

モテない男との違いは、大きく言えば経験値

「あなたの事が好きで好きでたまらない」や「あなたのこういうところが素敵」って、どんな女性でもいいから言われ続ければ、誰だって自信が持てるようになってきます。

そこで、経験値を上げるために大切な事が、

誰でもいいから「まずはつき合ってみる」です。

そのために必要なのが、あなたをアピールするための「プロフィール」

 

プロフィール作成で自分の良さをアピール

 

マッチングサイトでも結婚相談所でも婚活パーティーでも、どこでも必要不可欠な自分のプロフィール。

あなたのプロフィールはしっかりと自分の良いところをアピールできていますか?

 

プロフィールを読んで、女性はあなたを判断していますよ。

女性受けが良いプロフィールでないと、最後まで読んでももらえないことも・・・

 

そこで、まずは読みやすさ。

ずーーーーっと続いている文章で小難しい本のようになっていては、女性は見向きもしません。

1行書いたら改行して下さいね。

 

そして、職業というよりは自分がどれだけ仕事に打ち込んでいるか、どれだけ仕事ができるかをちゃんとアピールできていますか?

女性はやっぱり仕事ができる男に惹かれますから。

 

最後に、女性が共感できるような趣味などを入れるようにして、女性が「あ。ちょっと一緒に行ってみたいな」って思えるようにするといいですよ。

ウソをつくのは良くないですが、例えばコーヒーが好きなら、喫茶店じゃなく「カフェ」という言葉を使うとかね。

 

モテるか否かの年収境界線

 

さて、女性が男を選ぶ時の指標となるものの1つが「年収」

結構シビアに査定されますよね。

この年収、モテるかモテないかの境界線となる額が「「500万円」とも言われています。

女性は年収が500万くらいあれば、自分が理想とする家庭を築けると思うようです。

 

「・・・俺は500万ないからモテないのか」と、落ち込まないで!

年収500万未満の人は結婚できないか?って言ったらそうじゃないですから。

これは1つの安定した生活を送りたいと願う女性の願望です。

なので、例えば、バリバリのキャリアウーマンやずっと仕事を続けて行きたいと思っている女性を探せば良いだけの事。

一昔前は結婚したら専業主婦!って思う女性がほとんどでしたが、今では共働きが一般的になっています。

年収は二人でいくら!って考えてくれる女性を探しましょう。

 

モテる男の服装やスタイルは?

 

はい。これはやはり細マッチョ!

女性の好みにもよりますが、ゆるゆるにたるんでいたり、お腹が出ていたり、顔にたるみがあったり・・・すると厳しいですね。

6つに割れていなくても、ある程度鍛えられて締まった体はモテます。

 

そして服装、普段はスーツでビシッとキメているから大丈夫でも、私服になると「・・・」の方は要注意!

会社帰りならともかく、他の時にビジネススーツで婚活パーティーやデートに行きますか?

「何を着たらいいか分からない」「ジャケット着てればいいでしょ」「ジーンズとパーカーしかない」

こんな事ではモテません。

やはり、ちゃんと努力しなければ男を上げられない。

しっかりメンズファッション雑誌で勉強しましょう。

30代ファッション雑誌リストで検索すると、いっぱい出てきます。

その中で自分でも「これなら着れる」ジャンルを探し出して着こなし方を勉強しましょう。

詳しくは『モテる男を目指せ!男も見た目9割の重要性を理解せよ!』へ!

 

最後に、ヘアスタイル。

これはいつも行っている理髪店じゃなく、ちょっとお洒落な美容院にでも行って「モテるヘアスタイルにして下さい」と言ってお任せすると、変身できるでしょう。

自分で決めると、なかなか自分の殻を破れないんですよ。

やはり、プロというのはその道を極めている方なので、素直にアドバイスを受け入れた方が絶対にカッコよくなれますから!

 

女性にモテる職業とは?

 

公務員・医者・銀行員・弁護士・商社マン・消防士・IT関係など・・・

やはり、収入に安定性のある職業が人気のようですね。

「自分はモテる職業じゃない」からと言って諦める必要はありません。

あなたが自分の仕事をどれだけがんばっていて誇りをもってしているか、成績はどうなのかが大切なんですよ。

「あまり誇れることはない」と思った方、気持ちを改めましょう。

婚活にしても仕事にしても、本気でがんばらないと成果はでませんよ!

明日からしっかりと自分なりの目標設定して、仕事の成果を上げて行って下さい。

その努力がモテる男へと近づけてくれますから。

 

友だち追加

相手目線で考えよう


あなたは女性の事を考えて行動できていますか?

男女の違いというのは、あなたが考えている以上に違います。

あなたの行動によって女性がどのように感じているのかを、まずは考えましょう。

 

返信の内容よりも迅速な対応を

 

連絡先を交換できたら、LINEなどで連絡を取り合いますよね?

初めはとても意識しているので、忙しくとも返信をしようと努力すると思います。

それはとても良い事!!

でも、あまり内容にこだわり過ぎて返信が遅くなってしまうのは考えモノ。

まずは迅速にスタンプだけでもいいので返信しましょう。

そして、「忙しいので後で連絡する」旨の言葉を添えて下さい。

 

男性は簡潔な文章を使いますが、それだと女性にはなかなか伝わらない・・・

言葉が足りなさ過ぎるのです。

女性ががんばって考えた文章で連絡しても、たった一言だけの返事だと

「私のことはどうでもいいんだ」みたいな気持ちになってしまう。

もちろん、男性は「女性がこんなことを思っている」ことすら考えてないでしょ?

とりあえず、返事しました!って安心してる。

これが男女の違いであり、誤解を招く要因なんです。

まずは、相手の目線に立って考えましょうね。

 

女性からさせてない?連絡は男性からが基本

 

めんどくさい事かもしれませんが、女性は自分から連絡したくてもなかなかできないもの。

自分から誘ったら迷惑かな?とか、引かれちゃうかな?とか・・・

男性にどんな印象を与えるかを心配して、なかなか自分から言い出せないのです。

なので、もしもあなたが女性とうまくつき合いたいと思っているのなら、初めのうちだけでもマメに連絡を取りましょう。

女性はお昼休みやトイレ休憩の度に好きな人に想いをはせる事ができます。

でも、男性って仕事の時は「お仕事モード」に入ってしまうので、なかなか女性のようには気が回らないですよね?

だから、あえて「お昼休みには連絡する」など、自分に課題を与えましょう。

 

連絡する頻度はどのくらいがいいか?

 

さて、女性にはマメに連絡を!と申しましたが、ではその頻度はどのくらいなのか?

例えば、LINEチェックを1日2回するとして、朝の通勤時間・帰宅後にするとしましょう。

チェック時に相手からメッセージが来ていたら、とりあえずスタンプでもいいので返しましょう。

一言でもいいので添えてあげると喜ばれます。

その時に何か質問や予定などすぐに返信できない内容なら、いつ連絡するかを伝えておきましょう。

1日中忙しい時には、帰宅後でも大丈夫です。

ただし、その旨をしっかりと伝えておくこと(何時頃になるか)が大切ですよ。

 

連絡が途絶える前にアクションを

 

忙しさにかまけて返信を伸ばしたりしていると、女性はもう脈がないんだと諦めて他の人にアプローチを始めたりします。

忙しいなら忙しい旨の事を素直に伝えましょう。

女性は共感する生き物なので、あなたの現状に女性の同情を引ければ案外うまく行きます。

男性は自分の弱みを人に見せるなんてことは、自分の沽券にかかわるのでしませんよね。

でも、女性には少し弱みを見せて甘えてみても大丈夫。

(ただ、ダメダメなところや泣き言恨み言などはNGですから)

女性はいつも凛としている男性が見せる少しの弱さに母性本能がくすぐられます。

さあ、行動あるのみ!

がんばって下さい。

 

もっと身近な問題やタイムリーな話題を知りたい方はこちらから

友だち追加
 

60分個別相談会はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

男性脳女性脳や男女の違いを研究し、女性目線から導き出した「女性のトリセツ」で、女心をギュッと掴めるイケメンを育成。 優しすぎて存在感が薄い、 ガツガツ行けず自らが引いてしまう、 自分の何がいけないのか分からない、 自分が婚活してるとか人に見せたくない、 何をどうしたらいいのか分からない、 そんなことで結婚を諦めたり悩んでいる男性に 自分の魅力を開花させてモテ男に変身することを 全力で取り組んでいます! イケメン開花に必要な要素である 外見・コミュニケーション・マインド・戦略・プロフィール・姿勢・マナー・お洒落センスを身につけるため、 8人のプロフェッショナルが、徹底的に尽力します! あなたが今まで築いてきた資金を、1人の寂しい老後のために貯蓄しますか? それとも、これからの幸せな未来の自分のために投資しますか?